知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   野球用具のルール  ゲーム用ボール:硬式

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ゲーム用ボール:硬式

【日本のプロ野球は牛革製を使用】
硬式用のボールは、コルク、ゴムなどの小さい芯に糸を巻きつけ、白い馬革か牛革2片で包み、糸で縫い合わせて作られています。日本で使えるのは牛革のみとなります。
 
重さ5~5と4分の1オンス(141.7~148.8グラム)、周囲は9~9インチ4分の1(22.9~23.5センチ)が決まり。数値に幅がありますから、ボールは1個1個微妙に違うことが許されているとも言えます。
 
【ルール適合でも微妙に差がある】
日本と米国ではボールが違うとよく言われますが、どちらも同じルールに適合はしている中で実際は微妙に違っているというのが事実です。2004年オリンピックで使用された硬式ボールも大リーグ、日本のプロ野球、韓国プロ野球で使用されるボールとは微妙に違っていたようです。
 
大リーグでは全球団が同一ブランドのボールを使いますが、日本のプロ野球はホームチームが使用球を決めていいことになっています。

野球用具のルール
ゲーム用ボール:硬式
ゲーム用ボール:軟式
試合球の適否
バット
グラブ・ミット
ユニフォーム シューズ ヘルメット