知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   グラウンドのルール  野球場の区画:投手板

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

野球場の区画:投手板

【ピッチャーは投手板に足をかけて投球する】
ピッチャーが投球する位置には、投手板とマウンドを置きます。投手板(ピッチャーズプレート)は、24インチ(61センチ)×6インチ(15.2センチ)の白いゴム板で作ります。
 
ピッチャーはこの板に足をかけて投球しなければなりません。投手板から本塁までの距離は60フィート6インチ(18.44メートル)です。
 
実際のゲームでは、投手はプレートの前側(ホームベース側)に軸足を置きますので、直接プレートを踏むことはありませんが、ルール違反ではありません。

グラウンドのルール
野球場の区画:内野
野球場の区画:外野
野球場の区画:ラインの幅
野球場の区画:ベース
野球場の区画:投手板
野球場の区画:マウンド
競技場固有のルール