知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   野球用具のルール  バット

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

バット

【飛距離を伸ばす改造をしたバットの使用は反則行為】
▼物干しバットは使用OK?
バットには木製、金属製、接合(木片または竹の接合)の3種類があります。プロ野球は木製のみ使用可、アマチュア野球では金属製や接合の使用が認められている団体もあります。
 
木製バットは、なめらかで丸い一本の棒で作られているのが基本で、長さは42インチ(106.7センチ)以下、最も太い部分が2インチ4分の3(7センチ)以下と決められています。実際プロが使っているバットは84~86センチくらいですから、こんなに長いバットはめったにありません。
 
【滑り止めは端から18インチまで】
先端をえぐったカップバットは、深さ、形、直径がルール内であれば使えます。また、グリップ部分は端から18インチ(45.7センチ)までなら滑り止めの加工をしてもOK。
 
これに適合しないバットの使用を審判員に発見された場合、使用を禁止されるだけで、アウトになったり退場になったりはしません。ただし、飛距離を伸ばす改造を施した場合は、厳しい処分を受けます。

野球用具のルール
ゲーム用ボール:硬式
ゲーム用ボール:軟式
試合球の適否
バット
グラブ・ミット
ユニフォーム シューズ ヘルメット