知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   野球用具のルール  グラブ・ミット

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

グラブ・ミット

【ピッチャーは白とグレーのグラブを使ってはいけない】
▼市販のグラブに問題はあるの?
野球はもともと素手でプレーしていたスポーツです。捕球道具としてグラブをつけた選手が初めて現れたのは1875年ごろで、1895年に大きさなどが初めて制限されました。
 
現在のルールでは、グラブ・ミットの重さや色(ピッチャー以外)については自由ですが、大きさや網には決まりがあります。基本的には、バットやボール同様、一般に市販されているものであれば問題ありません。
 
【ピッチャーのグラブの色のみ制限】
現在、スポーツ店にはさまざまな色のグラブが並んでいます。昔と比べるとかなりカラフルになりましたが、注意しなければならないのは、ピッチャーが使うグラブの色です。
 
視覚的にバッターを惑わせてはいけないという理由で、ピッチャーのグラブは縫い目や締めひもなども含めて、全体が1色でなければなりません。
 
白とグレーは使用が禁止されています。ボールの色と区別がつきにくく、バッターがボールをみづらいからです。

野球用具のルール
ゲーム用ボール:硬式
ゲーム用ボール:軟式
試合球の適否
バット
グラブ・ミット
ユニフォーム シューズ ヘルメット