知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   野球用具のルール  ユニフォーム シューズ ヘルメット

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ユニフォーム シューズ ヘルメット

【ユニフォームはチームで統一 シューズ、ヘルメットは安全優先】
▼ユニフォーム
・同じチームのプレーヤーは、同色、同形、同デザインのユニフォームを着る
・6インチ(15.2センチ)以上の大きさの背番号をつける
・ユニフォームの色と違う色のテープ、ボールと紛らわしい模様をつけてはいけない
・ガラスのボタンやピカピカ光る金属をつけてはいけない
 
▼シューズ
・先のとがったスパイクをつけたシューズは使用禁止
・かかとやつま先に、けがなどの危険性がある特別な部品をつけてはいけない
 
▼ヘルメット
・バッターは必ずヘルメットをかぶる。プロ野球、大リーグは基本的に片耳つき、アマチュアは各団体によるが両耳つきが一般的
・キャッチャーは守備中に防護用のヘルメットをかぶる
 
▼商標の制限(プロ以外)
・プロ野球以外では、ユニフォームに宣伝広告の布切れや図案をつけてはいけない。その他の用具についても、商標などの大きさが規制されている

野球用具のルール
ゲーム用ボール:硬式
ゲーム用ボール:軟式
試合球の適否
バット
グラブ・ミット
ユニフォーム シューズ ヘルメット