知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   覚えておきたいルール用語  ボールインプレー/ボールデッド

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ボールインプレー/ボールデッド

【ボールインプレー/ボールデッド】
球審が「プレー」を宣告するとボールインプレーとなり、プレーが継続して進行します。ファウルボールやボークなど規定によってプレーが止まったり、審判員がタイム宣言をしたりして、プレーが一時的に停止した状態がボールデッド。
 
ボールデッドになると、各プレーヤーはアウトになったり、進塁したり、帰塁したり得点することはできません。プレーの進行が中断されます。
 
フォアボールはインプレーですが、デッドボールはボールデットになります。つまり、フォアボールで2塁に進める可能性(パスボールなど)はありますが、デッドボールでは打者は1塁までしか進塁できません。

覚えておきたいルール用語
インターフェア
インフライト
フォースプレー
ボールインプレー/ボールデッド
リタッチ