知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   試合の基本ルール  退場処分

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

退場処分

【試合の進行を妨げる行為は退場処分になる場合がある】
▼審判員への暴言や暴行が試合を遅延させたら退場処分
プロ野球では、監督やプレーヤーの退場シーンがしばしば見られます。中でもいちばん目につくのは、審判員の判定に対して暴言を吐いたり、暴行をはたらいたりする場合ですが、これらの行為が円滑な試合の進行を防げると審判員が判断した場合は、審判員は退場処分を下す権限を持っています。
 
監督、プレーヤーなどは、審判員から退場処分を受けて試合から除かれた場合、直ちにグラウンドを去り、それ以降の試合に関わってはいけません。
 
▼出場停止中はダッグアウトに入れない
退場者はクラブハウス内にいるか、ユニフォームを脱いで競技場構内から去ることになります。スタンドに座ることも許されていますが、その場合は、自分のチームのベンチやブルペンから離れて席を取らなければいけません。
 
出場停止中の監督、プレーヤーなどは、試合中、ダッグアウト、クラブハウス、新聞記者席に入ることも禁じられています。

試合の基本ルール
ゲームの勝利条件
必要人数と守備位置
ベンチ入り
ベースコーチ
競技中の禁止事項
退場処分
メンバー表の交換
選手交代
コーティシーランナー
指名打者