知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   試合の基本ルール  選手交代

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

選手交代

【プレーヤーの交代はボールデッドのときに行う】
▼交代は監督が球審に告げる
プレーヤーの交代は、ボールデッドの状態であれば基本的にはいつでもできます。おもな決まりは次のとおりです。
 
①プレーヤーが交代する場合、まず監督はその旨を球審に告げる。代わって出場するプレーヤーは、退いたプレーヤーの打順に入る
②守備側チームのプレーヤーが同時にふたり以上代わった場合、監督は打順を球審に伝え、球審は公式記録員に伝える
③交代通告を受けた球審は、その内容を発表する
④いったん退いたプレーヤーは、ベンチに残ってよいが、その試合に再び出ることはできない。ピッチャーのウォームアップの相手はしてもよい
⑤プレーヤー兼監督は、交代で退いた後ベースコーチをやってもよい。アマチュア野球ではプレーヤーがベースコーチになることも認めている場合がある。
⑥ピッチャー以外の野手が負傷退場した場合、代わりのプレーヤーは5球までウォームアップができる
 
▼ピッチャーの交代
①先発ピッチャーは、第一打者がアウトになるか1塁に達するまで投げなければならない(負傷や病気の場合を除く)
②救援ピッチャーは、最初の打者がアウトになるか一塁に達するまで、あるいは攻守交代になるまで投げなければならない(負傷や病気の場合を除く)。「代打の代打」は許されるが「救援の救援」は許されない
③同じイニング内で、ピッチャーが守備位置を代わった場合、再びピッチャーになる以外、他の守備位置には代われない。また、再びピッチャーになったときは、他の守備位置には移れない
 
▼交代発表のないプレーヤーの扱い
交代して出たプレーヤーは、たとえその発表なくても、次の時点から試合に出場したものとみなされます。
 
①ピッチャーは投手板上に位置したとき
②バッターはバッタースボックスに位置したとき
③野手は退いた野手の普通の守備位置についてプレーが始まったとき
④ランナーは退いたランナーが占有していた塁に立ったとき

試合の基本ルール
ゲームの勝利条件
必要人数と守備位置
ベンチ入り
ベースコーチ
競技中の禁止事項
退場処分
メンバー表の交換
選手交代
コーティシーランナー
指名打者