知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   審判員に関する事項  審判員の裁定とアピール(抗議)

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

審判員の裁定とアピール(抗議)

【審判員の裁定への異議は禁止 ルール適用の誤りには監督がアピールできる】
▼審判員の裁定は最終決定
プロ野球では、ストライク/ボール、アウト/セーフ、ファウル/フェアなどのジャッジを巡って、プレーヤーや監督が審判員に抗議する場面がよく見受けられます。しかし、審判員の裁定は最終のものであり、異議を唱えてはいけないのがルール。
 
厳密に言えば、異議を唱えようと行動を起こした時点で警告が与えられ、それに従わなければ即刻退場となります。この点について厳格な大リーグでは、退場シーンがしばしば見られます。
 
▼誤審には監督のみアピールできる
こうして説明すると、審判員は絶対者で、誰も逆らってはいけないように思うかもしれませんが、そんなことはありません。
 
審判員の裁定がルールの適用を誤っていると疑われるとき、監督は裁定への質問をすることも、その訂正を申し出るアピールをすることも許されています。
 
これは異議や抗議とは違います。また、アピールできるのはあくまで監督ひとりだけですから、プレーヤーやコーチが監督の周りを取り囲んで審判員に詰め寄るような行為はしてはいけません。

審判員に関する事項
審判員の必要人数と権限
審判員の裁定とアピール(抗議)
提訴試合