知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   審判員に関する事項  提訴試合

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

提訴試合

【ルール適用の誤りについて監督は提訴試合の請求ができる】
▼提訴が認められれば再試合
審判員の裁定がルールの適用を誤っていると疑われ、監督がアピールしたとき、その場では収拾がつかないことがあります。
 
その場合、規則違反があったということで、監督は審議のために提訴試合(プロテスティングゲーム)の請求ができます。審判員が認めれば、提訴試合の審議をすることを前提に試合を再開します。後日リーグで提訴内容を審議し、アピールした側に明らかな不利益があると認められた場合は、再試合となります。
 
これは、ルール適用の誤りについてが問題ですから、ストライクやアウトに対する裁定は提訴試合の対象となりません。すでに述べたとおり、ストライクやアウトについては審判員の裁定が最終決定です。
 
▼アマチュアは控え審判員制度で対処
アマチュア野球では、スケジュール的な問題で、提訴試合は認められていません。その代わりに「控え審判員制度」を設けることになっています。
 
フィールドにいなかった第三者的立場の審判員を加えて、アピールに対する審議を公平に行うためです。

審判員に関する事項
審判員の必要人数と権限
審判員の裁定とアピール(抗議)
提訴試合