知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  ボールインプレーとボールデッド

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ボールインプレーとボールデッド

【審判員が「タイム」を告げたらボールデッド】
▼ボールデッドなるとプレーは進まない
ボールが「インプレー」(ライブ)か「デッド」かを見極めることは、プレー上とても大事なことです。後攻チームが守備につき、先攻チームの1番バッターがバッターボックスに入ったとき、球審が「プレー」を宣告して試合が始まります。この瞬間、インプレーとなります。
 
ボールデッドになるのは、基本的に審判員がタイムを告げたときです。再びプレーが宣告されるまで、プレーは進みません。ボールデッドになるおもな状況は次のとおりです。
 
①ファウルボール
②デッドボール
③ボーク
④反則打球
⑤守備妨害、走塁妨害
⑥ボールがマスクなどに挟まったとき
⑦アンパイヤインターフェア
⑧投球がホームスチールをしたランナーに触れたとき
 
▼ボールデッドなるとプレーは進まない
デッドボール(死球)はボールデッドになりますが、フォアボール(四球)はインプレーです。よって、打者走者はひとつ以上の塁を進んでもかまいません。キャッチャーはパスボールなどに注意する必要があります。

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点