知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  打順(攻撃の順序)

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

打順(攻撃の順序)

【打順の誤りを打撃後に指摘すると、打撃結果によらずアウトにできる】
▼アウトになるのは正式な打順のバッター
バッターの打順は、試合前に交換したメンバー表のとおりに行います。もし、打順を間違えた場合は、次のような処置をします。
 
守備側が攻撃側チームの打順の間違いに気づいたときは、間違えたバッターが打撃を終え、次のバッターが打席に入る前に審判員に指摘すると、打撃結果によらずアウトとすることができます。
 
このとき、アウトになるのは正式な打順のバッターです。たとえば、3番の打順のときに誤って4番が打ち、指摘によってアウトとなった場合、アウトになるのは3番。よって次に4番がもう一度打つことになります。
 
▼守備側は打撃終了時に指摘したほうが有利
打順の間違いをバッターが打席に入ったとき、もしくは打撃中に指摘した場合は、審判員は正式なバッターとの交代を命じ、プレーは交代した時点の状態のまま続けられます。つまり、守備側にとっては、打撃を終えてから指摘したほうが有利となるわけです。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング