知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  タイムの時機と権利

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

タイムの時機と権利

【突発事故以外、プレー中にタイムはかけられない】
▼審判員が宣告してからタイムは有効になる
試合中、プレーヤー、監督、コーチは、必要であればタイムを要求できます。要求があれば審判員は「タイム」を宣告、試合を止めます。タイムが有効となるのは、タイムを要求した時点ではなく、審判員がタイムを告げたときからです。
 
▼攻撃側はピッチャーが投球動作に入ったらタイムはダメ
もちろん、いつでもタイムを要求できるわけではありません。突発事故以外、審判員はプレー中にタイムを宣告してはいけないことになっています。
 
たとえば監督は、プレーが行われているとき、ピッチャーが投球動作に入るなどプレーが始まろうとしているときは、タイムを要求できません。
 
攻撃側は、ピッチャーが投球動作に入ったらタイムは要求できません。バッターは自由にバッターボックスを出てはいけませんから、もしタイムを要求しないでボックスをはずしたとき、ストライクの投球が来れば、当然ストライクを宣告されることになります。
 

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点