知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  ストライクゾーンとストライク

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ストライクゾーンとストライク

【ストライクゾーンはバッターが打ちにいったときの姿勢が基準】
▼ストライクの種類
ストライクと判定されるのは次の場合です。
 
①空振り②見逃し(ストライクゾーンを通った投球)③ファウル(ノーストライクまたはワンストライクのとき)④バントのファウル(ツーストライク後は三振)⑤空振りした投球がバッターの体などに触れる⑥ストライクゾーンへの投球でのデッドボール⑦ファウルチップ
 
▼球審の判定でストライクゾーンが決まる
ストライクゾーンは、「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平ラインを上限とし、ヒザ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間(規則2.73)と定められています。
 
このゾーンは、バッターが構えた状態ではなく、うちにいった際の姿勢で決めます。ただし、アマチュア野球では、ストライクゾーンの下限に関して、ボールの全部がヒザ頭の上を通過したものとされています(アマチュア内規①)。つまり、低目の球についてはプロ野球に比べてバッターにとって有利な判定となります。
 
とはいえ、プロでも日米で若干の違いがあるように、実際のストライクゾーンは必ずしもこの規定どおりではない面もあります。大切なことは、ストライク・ボールは球審が決めるということです。球審には、一定した判定が求められます。

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点