知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  フェアとファウル

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

フェアとファウル

【バウンド位置とラインを超えた位置でファウルを見極める】
▼ファウルライン上はフェアボール
フェア地域とファウル地域の境界線は、本塁から1塁および3塁を通るファウルラインと、その延長線上にあるファウルポールです。
 
フェア地域はラインの内側とその上空で、ライン上やポールに当たった打球はフェアです。それ以外、つまりラインの外側がファウル地域です。
 
▼フライは捕球時のボールの位置で判断
フェアかファウルかの判定で間違えやすいのは、野手がシファウルライン付近でフライを捕るケースです。 判断基準は、ボールが野手のグラブや体に触れた位置。つまり、捕球したとき野手の体がファウル地域にあっても、差し出したグラブにフェア地域でボールが触れて落とした場合はフェアでボールインプレーとなります。
 
▼フライは捕球時のボールの位置で判断
フェアかファウルかの判定で間違えやすいのは、野手がシファウルライン付近でフライを捕るケースです。 判断基準は、ボールが野手のグラブや体に触れた位置。
 
つまり、捕球したとき野手の体がファウル地域にあっても、差し出したグラブにフェア地域でボールが触れて落とした場合はフェアでボールインプレーとなります。
 
▼ファウルチップをキャッチャーが捕り損なうとファウル
もうひとつ、ファウルチップにも気をつけましょう。ファウルチップとは、バットをかすめて鋭く後方へ飛んだ打球を、キャッチャーが捕ったものを指し、判定はストライク(空振り)となります。
 
このときはボールインプレーですから、ランナーはタッチアップする必要がありません。しかし、バットをかすめて鋭く後方へ飛んだ打球でも、キャッチャーが直接正規に捕球できなければファウルとなります。
 
特に気をつけたいのは、ファウルチップの場合には、手やミット以外の体や用具に最初に触れたときは、ファウルになるということです。この場合は、ボールデッドですから、ランナーは塁に戻らなければいけません。

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点