知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  捕球の定義

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

捕球の定義

【手かグラブで確実につかむのが捕球の基本】
▼帽子で捕っても捕球にはならない
「キャッチ」(捕球)を正確に言うと、インフライトの打球、投球、送球を、手またはグラブで受け止め、確実につかむことを言います。
 
帽子やプロテクター、ユニフォームのポケットなどでボールを受け止めても、捕球とはなりません。ただし、キャッチャーフライがプロテクターと胸の間に挟まってしまったときなどは、ボールをすぐに取り出して手でつかめば、審判員は通常アウトと判定します。
 
一定時間ボールを確実につかむことができずに手放したり、野手が触れたボールが審判員や攻撃側のプレーヤーに触れてしまったりすると、ボールが地面につく前   に捕っても捕球とはなりません。
 
▼ボールが野手に触れたらタッチアップOK
バッターがフライを打ち上げたとき、ランナーは、最初の野手がボールに触れた間から塁を離れることができます。野手がお手球をしたときなどは、その結果を見届ける前にタッチアップしていいわけです。

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点