知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  妨害の基本

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

妨害の基本

【妨害には「攻撃側」「守備側」「審判員」「観衆」の4つがある】
▼観衆の妨害はボールデッド
「妨害」(インターフェアランスあるいはインターフェア。走塁妨害のみ、オブストラクションと言う)には、次の4つがあります。
 
①攻撃側の妨害
攻撃側のプレーヤーがプレーをしている守備側の野手を妨害すること。いわゆる守備妨害
②守備側の妨害
守備側のプレーヤーが、投球を打とうとするバッターを妨害するのが打撃妨害、ランナーの妨害をするのが走塁妨害
③審判員の妨害
捕手の送球動作を球審が妨害する、フェア地域で打球が最初に審判員に触れる、のふたつ
④観衆の妨害
観衆がスタンドから乗り出したり、競技場内に入ってインプレーのボールに触れた場合。妨害が起きると、ボールデッドとなり、プレーは停止する。競技場の外(スタンドなど)でボールが触れた場合は、妨害にはならない

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点