知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   ルールに関する重要定義  フォースの状態とフォースプレー

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

フォースの状態とフォースプレー

【ランナーが押し出されるとフォースプレーでアウトにできる】
▼塁を明け渡さなければならない状態が「フォース」
バッターが投球を打ち、打者走者となって1塁へ走るとき、すでに1塁にランナーがいる場合、ランナーは打者走者に塁をあけ渡さなくてはいけません。この状態を「フォース」と言います。ランナー1塁、1・2塁、1・3塁、満塁の4つのケースがこれにあてはまります。
 
▼フォースプレーは体の一部がベースに触れればよい
フォース状態のランナーをアウトにするには、ランナーの体にタッチする必要はなく、ランナーが向かってくる塁にタッチすればOK。ボールをしっかりつかんでいる状態で、体のどこで塁にタッチしてもかまいません。
 
これを「フォースプレー」と言います。ダブルプレーのとき、セカンド塁上で野手が見せるプレーがその例です。フォースアウトにし損ねたランナーがオーバーランをして戻ってきた場合は、タッチプレーでアウトにしなければなりません。
 
タッチプレーは、ボールかボールをつかんだグラブでランナーの体に触れる必要があります。

ルールに関する重要定義
ボールインプレーとボールデッド
タイムの時機と権利
ストライクゾーンとストライク
フェアとファウル
インフライト
捕球の定義
妨害の基本
フォースの状態とフォースプレー
得点