知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  準備投球

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

準備投球

【1分以内、8球以内が準備投球の基本ルール】
▼スピードアップのために球数を減らすことが多い
試合開始前、もしくはイニングの開始前、ピッチャーは「準備投球」とすることができます。ルールで認められている準備投球は「1分以内で8球以内」ですが、これは各団体の取り決めや審判員の判断に任せられています。
 
たとえば、プロ野球では試合のスピードアップのために現在は5球に抑えられていますが、アマチュア野球では、初回7球、イニング間は4球(もしくは3球)のケースが多いようです。
 
ただし、突然の事故で急遽交替した場合など、ウォームアップできずに投げることになったピッチャーについては、球審は必要と思われるだけの球数を認めることができます。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限