知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  投球姿勢

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

投球姿勢

【投球姿勢はワインドアップポジションとセットポジションのふたつ】
▼「自由な足」の位置によってポジションが分かれる
ピッチャーの投球姿勢には「ワインドアップポジション」と「セットポジション」のふたつがあります。一般的には、ランナーがいないときはワインドアップポジ ション、いるときはセットポジションと使い分けることが多いですが、正しい動作で行いさえすれば、いつ、どちらを使ってもかまいません。
 
ワインドアップポジションとセットポジションの最大の違いは、腕の上げ方ではなく、投球前の足の置き方です。どちらも軸足で投手板を踏みますが、その反対側の「自由な足」(右投げなら左足」を投手板の上か後方に置いてから投球動作に入るのがワインドアップポジション、投手板より前に置いてから投げるのがセットポジションです。
 
ワインドアップとは腕を振りかぶる(上げる)意味ですが、振りかぶらなくても(ノーワインドアップ)足を後方に置けばワインドアップポジションとなります。どちらのポジションもキャッチャーとサインを交換するときは、投手板に触れた状態で行います。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限