知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走塁の順序

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走塁の順序

【塁の占有権と走塁の順序】
▼ベース上では前のランナーが優先
前のランナーが挟殺プレーになったら塁をひとつ進むのが基本
 
他のランナーがいない塁に触れると、その塁の占有権が生まれます。塁に出たからといって常にベースに触れている必要はありませんが、ベースを離れたときはアウトになる可能性があります。
 
アウトになるか、他のランナーにその塁を明け渡すと占有権はなくなります。
 
よく問題になるのは、ひとつの塁にふたりのランナーが触れたケースです。
たとえば、3塁本塁間に挟まれたランナーが3塁に戻ったとき、すでに次のランナーが3塁ベースを踏んでいたときなどです。
 
この場合、3塁の占有権は元々いたランナーにありますから、3塁に進んできた次のランナーはたとえ3塁ベースに触れていても、タッチされるとアウトになります。
 
ただし、どちらかがセーフで生きることを考えれば、挟まれたランナーのほうがアウトになる確率が高いわけですから、他のランナーは塁をひとつ進んでおくことが戦略上の基本です。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る