知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  投球動作

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

投球動作

【バッターに向かって投球動作を始めたら投球を完了しなければならない】
▼投球動作は一連の動きで行う
投球は「準備動作」と、それに続いてバッターに投げる「投球動作」によって行います。投球動作に入ったら、動作を途中でやめたり変えたりしてはいけません。バッターに向かって投げ始めたら、一連の動きで投球を完了します。
 
また、自由な足が投手板(ピッチャースプレート)の後ろ縁を越えた時点で投球動作に入ったとみなされ、バッターに投げることしかできません。
 
▼準備動作中は投手板を外したりけん制球を投げたりできる
サインを見ているときや準備動作中(セットポジションでの静止も準備動作)は、バッターに投げる以外に次のことができます。
 
・投手板を外す
・けん制球を投げる
セットポジションのときの腕のストレッチは準備動作なので、途中で投手板を外 したり、けん制をしたりできます。ただし、ストレッチに入った後に動作をやめてしまうと、動作の中止とみなされます。また、投手板を外すときは、足を先に外してから腕を解きます。
 
▼アマチュアの特別ルール
アマチュアにかぎり、ワインドアップポジションからけん制球を投げるとき、右ピッチャーが右回り(左ピッチャーは左回り)をして投げてはいけないというルールがあります。
 
たとえば、右ピッチャーが3塁へけん制球を投げるとき、ワインドアップしてから右に回って3塁方向へ踏み出すと、バッターへの投球と区別がつかないことが理由です。
 
投球に関連した足の動きをしてからけん制球を投げたとみなされ、判定はボークとなります。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限