知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  反則投球

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

反則投球

【ボールや手に投球を不正にする細工を加えてはいけない】
▼素手でボールを擦るのはOK
ピッチャーは次のことを禁止されています。
 
①投手板を囲む18フィートの円の中で、投球する手を口や唇につける
②ボールに異物をつける、または異物を所持する
③ボールや投球する手に唾液をつける
④ボールをグラブ、体、着衣で擦る
⑤ボールに傷をつける
 
これらはいずれも、ボールや手に細工を加えて変化球をより変化させるなど、不正な投球を防ぐためのルールです。素手でボールを擦ることは許されています。
 
反則行為があったとき、球審はボールを宣告してピッチャーに警告を与えます。もし警告に従わない場合は、退場を命ずることもあります。
 
①の手を口につける行為を行ったときも、球審はボールを宣告して警告を与えるのが基本ルールです。ただし、日本ではプロ、アマ共に、ボールは宣告せず、ピッチャーに注意をしてボールを交換します。
 
寒い日に手に息を吹きかける行為は、試合前に両チームの監督の同意があれば認められます。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限