知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  ボークルールの意味

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ボークルールの意味

【ランナーをだます意図があるとき審判員はボークをとる】
▼ボークでもプレーが続いたら攻撃側に有利となる判定をする
ボークは、ランナーをアウトにしたり、進塁を防いだりするために、ピッチャー(またはキャッチャー)がランナーをだます行為です。
 
明らかにボークの動作のときはもちろん、だます意図が感じられたときも、審判員はボークを宣告し、塁上にいるすべてのランナーに1個の安全進塁権が与えられます。カウントは数えません。
 
ピッチャーのボークは12項目、キャッチャーのボークは1項目あります。 ボークが認められたとき、審判員はボークがあったことを宣告しますが、即ボールデッドとはなりません。プレーが続いた場合はそれをいったん流し、プレー確定後にボールデッドとしてボークが発生した時点にさかのぼって判定します。
 
もし、バッターがボークの投球を打ってアウトとなったら、アウトは取り消されてボークが有効。また、ボークの投球をバッターが打ってヒットになったり、四死球を選ぶなどして、ランナー全員が少なくとも1個以上の塁を進んだときは、ボークは取り消されます。いずれにしても、攻撃側に有利となる判定をするわけです。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限