知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  ボークの種類-2

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ボークの種類-2

【ピッチャーのボークは12項目、キャッチャーのボークは1項目】
▼塁の方向に直接踏み出さない
自由な足を踏み出さずに体を回転するだけで投げる、足(つま先)が投げようとする塁を向いていない、上半身や手が先に動いて後から足を踏み出すなど。どんなに距離が短くても、塁の方向へ踏み出したと分かればボークとはならない。
 
▼投手板に触れないで投球に関する動作をする
ランナーがいるときは故意であるなしにかかわらずボーク。ランナーがいないときは落としたボールがファウルラインを越えるとボールとなるが、それ以外はノーカウント。
 
▼投手板に触れた状態でボールを落とす
ランナーがいるときは故意であるなしにかかわらずボーク。ランナーがいないときは落としたボールがファウルラインを越えるとボールとなるが、それ以外はノーカウント。
 
▼クイックピッチなどの反則投球
バッターがまだ十分な構えをとっていないときに投げるなど、バッターの虚をつく意図がある投球をクイックピッチ(もしくはクイックリターンピッチ)という。これは反則投球で、ランナーがいればボーク、いなければボールとなる。
 
▼投球姿勢をとった後、バッターが塁へ投げる以外に、ボールから一方の手を離す
投球動作に入ってから、投げる前に手をボールから離すなど、バッターか塁へ投げる以外にボールからどちらかの手を離すとボーク。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限