知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  先発投手・救援投手の義務

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

先発投手・救援投手の義務

【先発ピッチャーは少なくともひとりのバッターに投げる】
▼救援はひとりに投げ終わるかチェンジになるまで投げる
ピッチャーには、先発・救援などの種類がありますが、それぞれに次のような義務があります。
 
○先発ピッチャー
   少なくとも最初のバッター(あるいはその代打)をアウトにするか、バッターが1塁に達するまで投げなくてはいけません。このため、先攻チームの1回表の攻撃で先発ピッチャーに代打を出すことはできません。
 
○救援ピッチャー
前のピッチャーから交代した時点のバッター(あるいはその代打)をアウトにするか、バッターが1塁に達するか、もしくはスリーアウトでチェンジになるまで投げなくてはいけません。「代打の代打」は認められていますが、「救援の救援」は認められていないわけです。
 
ただし、先発、救援とも、ケガや病気などで続行不可能と審判員が判断した場合はこの限りではありません。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限