知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  監督・コーチが投手のもとに行く制限

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

監督・コーチが投手のもとに行く制限

【1イニング中にピッチャーのもとへ2回行ったらピッチャー交代】
▼ファウルラインが基準
試合をすみやかに進行するために、プレー中、監督やコーチなどがピッチャーのもとへアドバイスなどに行けるのは、1イニングの間に2回までと決められています。1回目はピッチャーはそのまま続投できますが、2回目は監督やコーチが行った時点でピッチャーは交代しなければなりません。
 
交代を告げてからピッチャーのもとへ行く場合は、回数に数えません。「ピッチャーのもと」とは、ルールブックでは18フィートの円い場所と決められていますが、日本ではこれをファウルラインに置き換えています。
 
つまり、2回目に監督やコーチがファウルラインを越えたときに、ピッチャー交代が確定するわけです。
 
▼一度行ったら打撃が終わるまで行けない
監督やコーチがピッチャーのもとへ行き、ファウルラインを越えていったん引き上げたら、そのときのバッターが打撃を終えるまでは再びピッチャーのもとへ行くことはできません。
 
ただし、そのバッターに代打がでた場合は行けますが、これは2回目となるので、ピッチャーは交代することになります。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限