知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   投手(ピッチャー)のルール  投手(ピッチャー)の条件

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

投手(ピッチャー)の条件

【投手板に触れたら「ピッチャー」】
▼投手板を離れているピッチャーは野手と同じ
投手板に触れるとピッチャーになる
ピッチャーの原則は「投手板(ピッチャースプレート)に触れるとピッチャーとなる」ことです。これはピッチャーと他の野手を区別するための基準で、投手板を離れているときのピッチャーのプレーについては、野手と同じ扱いをされるのが原則です。
 
▼ボークやけん制球では、投手板に触れているかどうかが判定基準
投手板に触れているかどうかがいちばん問題となるのは、ボークやけん制球についての判定です。まず、ボークが発生するのは、基本的にはピッチャーが投手板に触れているときです。
 
投手板を離れれば野手と同じですから、ボークとなることは一部のケースを除いてありません。また、けん制球が悪送球でボールデッドになった場合、投手板に触れて投げた送球ならランナーの安全進塁権は1個ですが、投手板を外して投げた場合は2個となります。

投手(ピッチャー)のルール
投手(ピッチャー)の条件
準備投球
20秒ルール
投球姿勢
ワインドアップポジション
セットポジション
投球動作
反則投球
遅延行為 危険球
ボークルールの意味
ボークの種類-2
ボークの種類-1
ボークの種類-3
先発投手・救援投手の義務
監督・コーチが投手のもとに行く制限