知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  振り逃げ

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

振り逃げ

【バットを振らなくても振り逃げは成立する】
▼無死・一死ランナー1塁で振り逃げはできない
第3ストライクを宣告されたとき、キャッチャーが正規に捕球をすれば三振でアウトとなりますが、次の場合は即アウトとはなりません。
 
①キャッチャーが捕る前にボールが地面に触れたとき(ワンバウンド投球を空振りしたときなど)
②キャッチャーが捕球できなかったとき(ワイルドピッチ、パスボール、落球など)

 
以上が、いわゆる「振り逃げ」ができるケースです。見逃しのストライクでもキャッチャーが捕球できなければ、振り逃げの権利があります。
 
このケースでは、バッターは第3ストライクを宣告されますが(記録上は三振)、打者走者となって1塁へ走ることができます。守備側がこれをアウトにするためには、バッターが1塁へ到達する前に、体か1塁ベースにタッチしなければなりません。
 
ただし、ノーアウトまたはワンアウトでランナーが1塁にいる場合は、このルールは適用されず、第3ストライクを宣告された時点でバッターはアウトとなります。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング