知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  バットとボールの二度当たり

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

バットとボールの二度当たり

【フェア地域でバットがボールに当たるとバッターはアウト】
▼転がってきたボールがバットに当たるとボールインプレー
フェアの打球(バントも含む)に、フェア地域内で再びバットが当たってしまった場合、バッターはアウトになります。たとえば、打った後に放り投げたバットがボールに当たったときなどのいわゆる「二度当たり」です。
 
故意の場合は当然ですが、偶然でもバットの方からボールに当たってしまったら、バッターは守備妨害によってアウト。ボールデッドとなり、ランナーがいる場合は進塁できません。このルールは、バッターがバットを持っている、いないに関わらず適用されます。
 
フェアの打球が転がってきてフェア地域内にすでに転がっていたバットに当たったときは、アウトにならず、ボールインプレーとなります。
 
たとえば、打った後に投げたバットがフェア地域内に落ち、そこへ転がってきたボールが後から当たり、バッターが故意に打球を妨害してはないと審判員が判断したときに適用されます。
 
ボールインプレーなので、ランナーは進塁できます。バッタースボックス内でバットに二度当たりした場合は、ファウルとなります。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング