知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  走者や審判員が打球に触れた場合

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走者や審判員が打球に触れた場合

【ランナーや審判員が打球に触れて守備を妨害したら記録はヒット】
▼守備優先が基本原則
フェアとなった打球に対しては、野手(ピッチャーを含む)が守備の優先権を持っていることが大原則です。したがって、故意であるなしにかかわらず、野手が処理をする前の打球にランナーや審判員が触れ、それが野手の守備機会を奪ったと判断されると守備妨害となり、ランナーが当たった場合はそのランナーはアウトになります。
 
このとき、打者走者は安全に1塁へ進めます(記録はヒット)。打者走者によって押し出されるランナーがいる場合は、ランナーも安全にひとつの塁を進めます。
 
ただし、野手の守備機会を奪わずに(妨害することなく)、フェアボールにランナーや審判員が触れたときは、これにはあてはまりません。この場合はボールインプレーとなります。
 
たとえば、前進守備をしていた内野手の横をボールが通りすぎた後で、ランナーや審判員にボールが触れたときなどがこれに該当します。一度野手に触れたボールが、ランナーや審判員に触れた場合も同じ扱いです。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング