知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  スリーフットレーンの走行義務

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

スリーフットレーンの走行義務

【1塁の守備を妨害する可能性のあるはみ出し方はアウト】
▼スリーフットレーンをはみ出してもアウトにならないケース
「スリーフットレーン」とは、本塁と1塁を結ぶファウルライン横の1塁側半分に設けられた地域です。
 
バッターが打った後、1塁に対する守備が行われているときに、1塁へ向かう打者走者がこのレーンからはみ出して走った場合、故意であるなしにかかわらず、基本的には守備妨害となり、打者走者はアウトとなります。
 
最も多いのは、キャッチャーがゴロなどをさばいて1塁へ送球するケースです。
たとえば、1塁ファウルラインより3塁側(左側)に転がったボールをキャッチャーが処理して1塁へ送球する場合。打者走者がフェア地域側(レーン左側)にはみ出していると、故意でなくとも明らかに守備妨害とみなされます。
 
反対に、1塁ベンチ前などに転がったボールのときは、ファウル地域側(レーン右側)にはみ出していれば妨害となります。
 
ところがこの場合、打者走者がフェア地域側にはみ出していれば妨害とはみなされません。なぜなら、実際問題として、キャッチャーの送球と打者走者の走るルートが交錯することがないからです。
 
このように、スリーフットレーンは、打者走者が「絶対に走らなければいけない」地域ではないことを覚えておきましょう。長打を打って1塁ベースを回る前などはもちろんのこと、1塁に対する守備を妨害する可能性がない状況では、レーンからはみ出してももちろん問題はありません。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング