知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  インフィールドフライ

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

インフィールドフライ

【審判員がインフィールドフライを宣告した時点でバッターはアウト】
▼故意のダブルプレーを避ける
「インフィールドフライ」は、ノーアウトまたはワンアウトで、ランナーが1・2塁もしくは満塁のときに発生します。
 
これらの状況で、バッターが内野フライ(ライナーやバントの飛球を除く)を打ち上げ、守備側(内野の守備位置であれば、内野手だけでなく外野手、ピッチャー、キャッチャーが捕っても同じ)が普通の守備をすれば捕れる(イージーフライ)と審判員が判断したとき、インフィールドフライが宣告され、その時点でバッターはアウトとなります。
 
守備側が故意に落球してダブルプレーなどをとることを避けるためのルールです。
 
▼捕球されなかった場合ランナーはリタッチしなくてもよい
もし、捕球できなくても、バッターはアウトになり、その後のプレーとは関わりがなくなりますが、通常のフライアウト同様、ランナーにはリタッチの義務が生じます。
 
つまり守備側はフライを捕った場合は、通常のフライと同じように、ランナーはタッチアップしなければ次の塁へは走れません。もし、ベースに戻る前に送球されれば、アウトになってしまいます。
 
しかし、結果的に捕球できなかった場合はリタッチの義務は生じません。インフィールドフライが宣告されてもボールインプレーですから、ランナーは離塁した状態から次の塁へ進んでもよいのです。
 
インフィールドフライの宣告後、結果的にファウル地域で守備側が捕球できなかった場合は、ファウルが優先されます。ファウルライン上にフライが上がったら、審判員は「インフィールドフライ・イフ・フェア」と宣告します。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング