知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  スクイズの注意点

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

スクイズの注意点

【スクイズでの反則打球は3塁ランナーがアウトとなる】
▼打撃妨害は無条件で得点
バッターがスクイズをしようとしているとき、守備側がそれを妨害すると、得点が認められるとともに、バッターは打撃妨害で1塁へ進めます。
 
キャッチャーや野手がホームベース前でボールを捕ってしまったり、バッターの体やバットに触れてしまうなどのケースです。
 
スクイズに対する打撃妨害は、ルール上はピッチャーのボーク扱いとなります。したがって、3塁ランナーの得点が認められることはもちろん、塁上にいたすべてのランナーがひとつの塁を進むことができます。
 
▼スクイズで反則打球をしたとき投球がバットに触れたらカウントしない
同じスクイズでも、バッターがバッタースボックスの外に出るなど反則打球をした場合は、バッターが3塁ランナーの走塁を助けたという判断で、3塁ランナーがアウトとなります。
 
このときのカウントは、空振りならもちろんストライクですが、投球がバットに触れていない場合はストライクかボール(コースの判断)、投球がバットに触れた場合はノーカウントとなります。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング