知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   グラウンドのルール  野球場の区画:外野

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

野球場の区画:外野

【両翼まで320フィート(97.534メートル)以上が理想】
日本の競技場はほとんどが本塁を中心にきれいな扇型をしています。そのためか、私たちの頭の中には「野球場=左右均等の競技場}というイメージがあります。ところが、ご存知の方も多いでしょうが、大リーグの競技場は各球場によって外野の形もフェンスの高さもさまざまです。
 
日本人的な発想からすれば「不公平じゃないか」と思うかもしれませんが、日米の文化の違いを感じさせる興味深い点です。
 
【フェンスまで250フィート(76.199メートル)以上】
外野は、1塁線および3塁線を延長したファウルラインの地域です。その大きさは、本塁からフェンスなどの境界まで250フィート(76.199メートル)以上必要と定められています。
 
ファウル地域は、本塁もしくはファウルラインから60フィート(18.297メートル)以上。この大きささえ満たしていれば、形について特別な決まりはありません。野球規則(1.04)には、本塁から両翼(レフトとライト)まで320フィート(97.534メートル)、中堅(センター)まで400フィート(121.918メートル)以上あることが望ましいと記されています。これが理想のサイズです。

グラウンドのルール
野球場の区画:内野
野球場の区画:外野
野球場の区画:ラインの幅
野球場の区画:ベース
野球場の区画:投手板
野球場の区画:マウンド
競技場固有のルール