知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  打者による守備妨害

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

打者による守備妨害

【バッターが守備を妨害するとアウトになるのが原則】
▼守備妨害にならないケース
バッターの守備妨害の多くはキャッチャーに対する行為で、盗塁を阻止するためにキャッチャーが送球するのを邪魔したり、捕球を妨害するなどがあります。すっぽ抜けて飛んだバットが野手の守備を邪魔したときも、故意ではなくても妨害となります。
 
守備妨害を審判員が認めたときは、ボールデッドとなり、バッターはアウトとなります。ただし、次の場合は処置が変わります。
 
○守備妨害はあったがキャッチャーが送球して盗塁をアウトにした→盗塁のアウトが優先で、守備妨害は取り消し。アウトにできなかった場合は、バッターがアウトとなる。
 
○バッターが空振りをした勢いで、故意ではなく、キャッチャーの守備をバットで妨害した→守備妨害とはならない。ボールデッドでランナーは進塁できない。カウントはストライクになる。
 
○打者走者として1塁へ走るとき、打球を処理しようとしていたキャッチャーと接触した→双方とも妨害とはならず、プレーはそのまま続行。原則は守備優先だが、本塁付近の打者走者とキャッチャーについては例外となる。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング