知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  四球と死球の違い

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

四球と死球の違い

【四球はボールインプレー 死球はボールデッド】
▼四球の場合はひとつ以上の塁を進んでもOK
四球(フォアボール)または死球(デッドボール)になると、バッターはアウトになることなく安全に1塁へ進むことができます。ただし、四球はボールインプレーなのに対し、死球はボールデッドという違いがあるので注意しましょう。
 
▼四球
ボールが4つになって審判が「四球」を宣告すると、バッターは安全に1塁に進み、打者走者に押し出されたランナーもそれぞれ安全に進塁できます。
 
ただし、これはボールインプレーの状態で行われます。すなわち、第4ボールがワイルドピッチやパスボールのときは、ひとつ以上の塁を進んでもかまいません。
 
その代わり、1塁へ進んだ打者走者や次の塁へ進んだランナーがそれ以上先に進もうとした場合、ベースを離れているとタッチプレーでアウトとなる可能性があります。
 
▼死球
バッターが打とうとしなかった投球に触れると死球となります。ただし次のケースは死球とはなりません。
 
①ノーバウンドの投球がストライクゾーンでバッターに触れたとき(判定はストライク)
②バッターが投球を避けずに触れたとき(投球がストライクゾーンを通っていなければ判定はボール)
 
死球があった時点でボールデッドとなりますから、そのボールが逸れたとしても、打者走者およびランナーはひとつの塁しか進めません。それぞれ進塁した後、球審の宣告によってプレーが再開されます。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング