知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  打撃妨害による進塁

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

打撃妨害による進塁

【打撃妨害の後にプレーが続いたら監督は有利なプレーを選べる】
▼攻撃側が有利と判断したら打撃妨害を取り消してもよい
バッターがキャッチャー(または野手)に打撃を妨害されると、インターフェアとなってバッターは1塁へ進めます。バッターが投球を打とうとしたとき、キャッチャーがミットをバットに当ててしまったケースなどです。
 
打撃妨害があってもプレーが続いた場合は、そのまま流されます。たとえば、キャッチャーのミットにバットが当たったものの、投球を打ち返したケースなどです。そして、プレーが止まった時点で、攻撃側チームの監督にはプレーを選択する権利が生まれます。
 
たとえば、ノーアウト2塁でバッターが妨害を受けながらも送りバントを成功させた場合(バッターは1塁でアウト)。監督はプレーが終わった直後、
 
①打撃妨害を優先してノーアウト1・2塁
②打撃妨害を選ばずにワンアウト3塁、のどちらかを選択できます
 
妨害を受けたバッターが1塁に達し、他のすべてのランナーもひとつ以上の塁を進んでいれば、妨害とは関係なくプレーはそのまま続けられます。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング