知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   攻撃のルール  ハーフスイング

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ハーフスイング

【ハーフスイングの判定は審判員に一任されている】
▼球審がスイングをとればストライクが確定する
バッターが投球を打ちにいって途中で止める「ハーフスイング」については、ルールブックに明確な定義はありません
 
よく「どこまでがハーフスイングか」が問題となりますが、判断は審判員に委ねられています。よって審判員には、一定の基 準で判定することが求められます。
 
球審がハーフスイングと判断すれば、スイング(空振り)が確定してストライクとなります。ただし、球審がボールと判定した場合、守備側のキャッチャーおよび監督(他のプレーヤーは権利がない)は、球審(塁審ではない)に対して、ハーフスイングかどうかの判定を塁審に一任することを要請できます。
 
ストライクの判定に対してバッターが確認を要求することはできません。
要請を受けた球審は、必ず塁審に判定を委ねなければなりません。右バッターなら1塁、左バッターなら3塁と見やすい位置にいる塁審に確認するのが普通です。
 
塁審がスイングを認めなければ、球審の判定どおりボール、スイングをとればストライクとなります。

攻撃のルール
打順(攻撃の順序)
打者の基本姿勢(義務)
打者席内のルール
振り逃げ
打者が打球に触れた場合
バットとボールの二度当たり
走者や審判員が打球に触れた場合
スリーフットレーンの走行義務
インフィールドフライ
故意落球
スクイズの注意点
打者による守備妨害
四球と死球の違い
ボールデット時の安全進塁権
打撃妨害による進塁
ハーフスイング