知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走路

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走路

【タッチを逃げるために走路を外れると即アウト】
▼走路の幅は1.8メートル
ベースライン(塁と塁を結ぶ直線)から左右3フィート(91.4センチ)の間が、ランナーの走路です。ただし、ランナーは必ずしもこのエリアを走らなければならないわけではなく、走路を外れて走ったからといって、即アウトになるわけではありません。
 
問題となるのは、野手のタッチを避けて走るときです。このとき、ランナーは走路を外れてタッチを逃げてはいけません。逃げた場合は、たとえタッチされなくても、走路を外れた時点でアウト。これを「ラインアウト」と言います。
 
▼走路の幅は1.8メートル
長打などですでに走路をふくらんで走っていたときに野手がタッチしようと追いかけてきた場合は、走っていた位置から正規の走路側に3フィート逃げるのはかまいませんが、反対側に逃げると即アウトとなります。
 
また、走路内で野手がゴロをさばくなどしている場合は、野手の守備が優先。ランナーが野手のプレーを妨げると、たとえ走路内であっても守備妨害となります。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る