知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  オーバーラン

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

オーバーラン

【すみやかにベースに戻れば1塁はオーバーランしてもOK】
▼2塁へ進む行為を見せるとタッチアウトの可能性が生まれる
打者走者は、一塁へ走り込んだ後にオーバーラン(またはオーバースライド)することを許されています。ベースを駆け抜けて離れても、タッチアウトになることはありません。
 
ただし、これは「ただちに1塁へ戻る」ことが条件です。ベースを離れている時間がいたずらに長いと、タッチアウトとなることもあります。
 
1塁をオーバーランした後、2塁へ進もうとする行為を見せると、その瞬間からこの権利が消えてタッチアウトになる可能性が生まれます。
 
よく「ファウルラインの外側(ファウル地域)は大丈夫だが、内側(フェア地域)はアウトになる」と言われることがありますが、これはまったく関係ありません。位置はどこであっても、2塁へ進もうとしたかどうかが判断基準となります。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る