知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走塁に対するアピールプレー

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走塁に対するアピールプレー

【走塁に対するアピールは監督以外もできる】
▼アピールの内容を言葉できちんと説明する
判定に対するアピールは、基本的に監督だけが行えますが、ランナーの走塁に関する次のアピールは、野手でも行うことができます。
 
①タッチアップが早いなどリタッチしなかった場合
②ランナーがベースを触り損ねて次の塁へ進んだ場合
 
アピールするときは、その対象となるプレーが行われたベースで、審判員に対してアピールの内容をきちんと説明することが大切です。そして、アピールを審判員が認めた場合、そのベースか対象となるランナーの体にボールをタッチするとアウトとすることができます。
 
▼ボールインプレー中でないとアピールできない
アピールする前に次のプレーが始まってしまうと、アピール権は消滅します。 たとえば、アピールする塁へ投げたボールが暴投になって、ランナーが先の塁へ走ってしまった……。
 
こんなときにランナーが進んだ塁へ送球すると権利がなくなります。慌てずにボールを拾い、まずはアピールプレーを行うことが大切です。
 
注意したいのは、ボールインプレー中でないとアピールが受け付けてもらえないことです。もし、タイムなどでボールデッドになっているときは、ボールインプレーになってからアピールしましょう。
 
通常、プレーが宣告されたら、ピッチャーは投手板を外してから、対象となる塁へ送球してアピールします。
 
▼第3アウトの置き換え
第3アウトが成立した後でもさらにアピールを行うことができます。そのアピールアウトを採用することで守備側が有利になる場合には、先に成立した第3アウトと、アピールアウトを置き換えることができるのです。
 
たとえば、ツーアウト1塁で、バッターがツーベースを打った場合、1塁ランナーがホームインした後、3塁を欲張った打者走者がタッチアウトとなったとします。   
 
これを第3アウトとすると1塁ランナーの得点は認められますが、仮に打者走者が1塁を踏み忘れていたら、こちらをアピールして第3アウトとすることができます。
 
この場合は、無得点となります。第3アウトが打者走者の1塁到達前であれば得点は入らないからです。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る