知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   グラウンドのルール  野球場の区画:ラインの幅

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

野球場の区画:ラインの幅

【ファウルラインに触れたボールはフェア】
ファウルラインやバッタースボックスの区画線など、競技場に引かれるラインは幅が3インチ(7.6センチ)と決められていて、「湿りけのある石灰、またはチョーク、その他の白い材料で描く(野球規則1.04)ことになっています。
 
7.6センチというと結構太いですが、これはラインをわかりやすくするためです。よくライン上はフェアかファウルかが問題となることがありますが、ラインはあくまで区画を構成している要素の一部ですから、ファウルラインの場合なら、オンライン(ラインに少しでも触れている場合)はフェアとなります。
 
【ファウルボールはラインの延長物】
ファウルラインと両翼の境界(フェンスなど)が交わる位置に立てるファウルポールはファウルラインの延長という扱いです。よって、ポールに当たったボールはフェアとなります。色については、「白く塗らなければならないが、判別の便宜上、他の色のものを用いてもよい」(規則1.04)となっています。

グラウンドのルール
野球場の区画:内野
野球場の区画:外野
野球場の区画:ラインの幅
野球場の区画:ベース
野球場の区画:投手板
野球場の区画:マウンド
競技場固有のルール