知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走塁を放棄した場合

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走塁を放棄した場合

【走塁する意志が明らかにないとその場でアウトとなる】
▼間違いなどには要注意
ランナーがベースを離れてベンチに戻ろうとするなど、次の塁に進もうとする意志が明らかに見られないと、走塁を放棄したとみなされ、審判員にアウトを宣告されます。
 
通常は起こらないプレーですが、ランナーがアウトカウントを間違えるなど何かの勘違いをしたときに起こりえるケースです。アウトとなるのは対象となるランナーだけで、他のランナーに関してはボールインプレーの状態が続きます。
 
ただし、振り逃げとなった打者走者については、1塁へ進む意志がないままベンチや守備位置に向かっても、ベンチにはいるまではアウトとはなりません。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る