知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走塁妨害(オブストラクション)

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走塁妨害(オブストラクション)

【直接的な走塁妨害には 1個以上の塁が与えられる】
▼走塁妨害のケースはふたつ
ランナーに対する守備側の走塁妨害(オブストラクション)は、次にあげるふたつのパターンがあります。それぞれパターンによってそれぞれ判定も異なりますので注意しておきましょう。
 
①走塁を妨げられたランナーに対してプレーが直接行われている場合、または打者走者が1塁に触れる前に走塁を妨害された場合
 
②走塁を妨げられたランナーに対してプレーが行われていなかった場合
 
▼ランナーに直接プレーが行われている場合
①のケースは、たとえば、ツーベースを打った打者走者が1塁を回って2塁へ進む途中、そのランナーをタッチアウトにしようと外野手からボールがセカンドに返球されているときに、2塁手に走路を邪魔された場合などです。
 
このケースは、妨害があった時点で審判員がタイムをかけてボールデッドとなりランナーには少なくとも1個の塁が安全に与えられます。ここで、もし妨害がなければさらに先の塁へ進めたと審判員が判断すれば、1個以上の進塁が認められます。
 
打者走者以外のランナーがいる場合は、同じように進塁が認められます。
 
▼ランナーとは無関係の場所でプレーが行われていた場合
②のケースは、同じようにツーベースを打ち2塁へ進む途中で2塁手に邪魔されたものの、外野手がセカンドへ送球するのではなく、バックホームをした場合などです。
 
このケースでは、審判員は走塁妨害を指摘(ポイント)しますがボールデッドとはせず、プレーを流します。そして、プレーが終了してからタイムをかけて処置を決めます。審判員の判断によって、進塁が認められる場合も、そうでない場合もあります。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る