知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  公認者や観衆による妨害

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

公認者や観衆による妨害

【犠牲フライの捕球を観衆が邪魔したら打者アウトで得点が認められることがある】
▼公認者の故意でない妨害はボールインプレー
ボールボーイなど、競技場に入れる公認者がプレーを妨害したときは、次のふたつの対応がとられます。
 
①妨害が故意でないとき/ボールインプレーでプレー続行。避けようとしたのにボールに当たってしまった場合など
 
②妨害が故意のとき/ボールデッド。妨害がなかった状態を想定して審判員が処置をとる。たとえ悪意はなくても、ボールを拾い上げてしまったときはこれにあてはまる
 
▼観衆の妨害は無条件にボールデッド
観衆が競技場内に飛び出したり、手を出したりして妨害したときは、故意かどうかにかかわらず、妨害と同時にボールデッドとなり、審判員が処置をとります。
 
たとえば、犠牲フライを捕ろうとしていた外野手を、観衆がフェンスを越えて妨害した場合、妨害がなければ捕球できたと判断されれば、バッターはアウト。そして、妨害なく捕球したさい、3塁ランナーがタッチアップして明らかにホームインできたと判断されれば、得点が認められます。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る