知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  走者による守備妨害

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

走者による守備妨害

【野手の守備機会を妨げるとランナーはインターフェアでアウト】
▼野手優先が原則
競技場内では、打球に対する野手の最初の守備が優先されるのが原則です。したがって、ランナーが野手の打球処理やその送球を妨げた場合は、原則的にインターフェアでアウトとなります。
 
ただし、本塁付近でのキャッチャーと打者走者については例外です。
 
▼ランナーが打球に触れた場合
ランナーが打球に触れてしまった場合は、野手が打球に触れるか、打球が野手を通過する前であれば、故意であるなしにかかわらず、ランナーはインターフェアでアウト(バッターの記録はヒット)となります。
 
ただし、いったん内野手(ピッチャーを含む)に触れたフェアボールに当たった場合や、内野手(ピッチャーを除く)の守備機会と関係のない場所で触れた場合は、故意ではない限りアウトとはなりません。
 
また、インフィールドフライの打球がベースを離れているランナーに触れると、ランナーはアウト。ベースに触れていれば、打球に触れてもアウトとはなりません。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る