知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   走塁のルール  悪質な妨害

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

悪質な妨害

【打者走者がダブルプレーを妨害すると本塁に近いランナーがアウトになる】
▼1塁ランナーがダブルプレーを妨害すると打者走者もアウト
守備妨害の中でも悪質なものについては、判定が厳しくなります。たとえば、アウトになった打者走者やランナーが、味方の別のランナーに対する野手の送球などの守備を妨害すると、そのランナーがアウトとなります。
 
ダブルプレーを防ごうとして、2塁に走り込んだランナーも野手の守備や送球を故意に妨害すると、そのランナーはアウト。さらに、味方のプレーヤーが相手の守備を妨害したという理由で、打者走者も無条件でアウトとなります。
 
ランナ ーが守備妨害をした時点でボールデッドとなり、他のランナーは進塁することも得点することもできません。
 
▼打者走者の妨害はペナルティが厳しい
これとは逆に、打者走者がダブルプレーを妨害した場合は、まず打者走者がアウトとなります。 さらに、どこでダブルプレーが行われようとしていたかとは関係なく、本塁に最も近いランナーがアウトとなります。これは悪質な妨害に対するペナルティです。

走塁のルール
走塁の順序
走路
オーバーラン
リタッチの義務
走塁に対するアピールプレー
走者が安全に塁を与えられる場合-1
走者が安全に塁を与えられる場合-2
本盗して正規の投球に触れた場合
走塁を放棄した場合
走塁妨害(オブストラクション)
公認者や観衆による妨害
走者による守備妨害
悪質な妨害
守備を妨げないよう場所を譲る