知っておきたい野球ルール集

野球ルール集TOPへ   トレーニング・エクササイズ  ダンベル・フライ

野球ルール解説と筋力強化トレーニング・エクササイズ

【知っておきたい野球ルール集】は、野球の基本ルールや判定、ゲーム進行に関するルールからユニフォームなどの用品までをわかりやすく解説します。スポーツをする上で効果的な筋力トレーニング方法も紹介します。
 
少年達があちこちのグラウンドや広場で野球をする光景が見られるようになることを願う、”生涯野球少年”の管理人より。
 

ダンベル・フライ

【ダンベル・フライ:胸部を鍛えるトレーニング】
ダンベルフライは大胸筋および小胸筋、三角筋前部、烏口腕筋を鍛えるためのダンベルを使ったエクササイズです。
 
大胸筋をメインに鍛えるための種目としてはベンチ・プレスと同様ですが、フライ系の種目は肩関節の水平内転という動作になるため、より大胸筋に絞ったトレーニングといえます。野球選手で言えば、どちらかというと投手向きのトレーニングです。
 
フラット・ベンチに仰向けになって両手にダンベルを保持し、肘を伸ばして胸の上にダンベルを挙上して構えます。肘を外側に張るようにして少し曲げ、息を大きく吸い込みながら大きな弧を描くようなイメージでダンベルを下ろしていきます。
 
両肘を下げ、胸に十分なストレッチ感が得られたら、息を吐きながらダンベルを同じ軌道でゆっくりと持ち上げ、スタート・ポジションに戻ります。
 
この動作を繰り返します。注する点は、高重量の負荷を持ち上げることが目的ではないので、自分にあった負荷の設定をしましょう。

トレーニング・エクササイズ
ベンチプレス
ダンベル・フライ
ラット・プルダウン
プル・オーバー
スクワット
ランジ
ダンベル・プレス
ショルダー・シュラッグ
バーベル・カール
プロネーション